「変える技術、考える技術」の感想・レビュー Twitter編

変える技術、考える技術

「変える技術、考える技術」の感想・レビュー Twitter編

目次

「変える技術、考える技術」とは?

2021年6月24日に発売を開始し、その20日後には初版3万部を突破、第2版の増刷が決定した考えるエンジン講座代表タカマツ1冊目の著書が「変える技術、考える技術」です。

「変える技術、考える技術」概要

「凡人」だったボクが「天才」と呼ばれるようになった技・スキル・Tipsを余すとこなく書ききった1冊。
BCGという戦略コンサルティングファーム入社当時に持ち合わせていなかった「戦略」や「コンサル」のセンス。しかし、数多くのセンス溢れる先輩(のちに師匠たち)との「距離」をつめることに成功し、彼らから「考え方」「働き方」のような社会人としての基礎だけでなく、人生のなかで本当に大事なこと、全てを学ばせてもらった。
そのエッセンスを、「行動を変える」技術=「スウィッチ」として結晶化させ、この1冊に詰め込んだ。

Amazonビジネス・経済ランキング1位獲得!

高松 智史 (著)
出版社 ‏ : ‎ 実業之日本社
発売日 ‏ : ‎ 2021/6/24
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 264ページ

「変える技術、考える技術」の感想・レビュー Twitter編

Amazonでもたくさんの嬉しいレビューをお寄せいただいておりますが、Twitterでつぶやいていただいた、みなさまが感じてくださっている「行動が変わる」ポイントを集めました。

既に「変える技術、考える技術」がお手元にある方は、「あ!そうそう!」「私もそう思った!」「お~~、そこねっ。」と共感できたり、「なるほどね~、そう受け止めたらよかったのか~」と新たな発見があったりと、本を通して “繋がる” 感覚をお楽しみいただけると思います。

まだ、「変える技術、考える技術」がお手元にない方は・・・この「行動が変わる」世界に足を踏み入れてください。
日曜日の夜、サザエさんのエンディングが流れる時間帯の憂鬱に一筋の光が差し、仕事を “楽しむ” 第一歩を踏み出せる世界へ。

さいごに

仕事に悩んで、本屋さんに出向き、これかな~。と思うビジネス書をジャケ買い。

小難しい文章に耐え切れず、途中でそっと本を閉じる。。。

みなさまの “つぶやき” から、そんなことにならないよう、思わず「これやってみよう!」と、感じ、すぐに行動に移せる内容にした甲斐があった!と嬉しい限りです。

この場をお借りして、話題にしてくださった皆様に感謝いたします。

そして、みなさまの、今日、今から!の行動が変わり、「変える技術、考える技術」が楽しいビジネスライフに寄与できますように。

変える技術、考える技術

「凡人」だったボクが「天才」と呼ばれるようになった技・スキル・Tipsを余すとこなく書ききった1冊。
BCGという戦略コンサルティングファーム入社当時に持ち合わせていなかった「戦略」や「コンサル」のセンス。しかし、数多くのセンス溢れる先輩(のちに師匠たち)との「距離」をつめることに成功し、彼らから「考え方」「働き方」のような社会人としての基礎だけでなく、人生のなかで本当に大事なこと、全てを学ばせてもらった。
そのエッセンスを、「行動を変える」技術=「スウィッチ」として結晶化させ、この1冊に詰め込んだ。

Amazonビジネス・経済ランキング1位獲得!

高松 智史 (著)
出版社 ‏ : ‎ 実業之日本社
発売日 ‏ : ‎ 2021/6/24
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 264ページ

変える技術、考える技術

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次